高校ダンス部選手権

スモールクラスで日体大桜華が5位

【第15回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス】演技をする
日本体育大学桜華高等学校(東京)=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(三尾郁恵撮影)
【第15回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス】演技をする 日本体育大学桜華高等学校(東京)=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(三尾郁恵撮影)

東京ガーデンシアター(江東区)で16日に開催された「第15回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」全国大会スモールクラス(2~12人)には、都内から9校が出場し、日体大桜華が5位に輝いた。

日体大桜華は緩急をつけた振り付けで「奇妙さ」と「カッコよさ」を表現。大会直前には部員のコロナ感染もあったが、3年の金井彩華さん(17)は「これまでで一番の出来栄え」とうれし涙をこらえた。顧問の久保田麻衣さん(35)も、テーマの「覚醒」のように「ピンチをチャンスに変えた」とねぎらった。

東京女学院はアニメ「ドラゴンボール」のキャラクター、フリーザに扮し、チアリーディングなどを取り入れた熱気あふれる演技を披露。大会前日にメンバー7人のうち2人のコロナ感染者が出てしまい、急遽(きゅうきょ)、一部構成やポジションを変更して当日を迎えた。2年生でチームリーダーの結城柊(しゅう)さん(16)は「7人分のパワーを出せた」と笑顔で終えた。

このほかの都内からのスモールクラス出場校=二松学舎大付▽城西▽昭和第一学園▽目黒日大▽小山台▽東大和▽品川エトワール女

会員限定記事会員サービス詳細