米軍、ICBM実験を発表 台湾情勢で今月上旬に延期

大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」(ロイター)
大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」(ロイター)

米軍は16日、西部カリフォルニア州の基地から現地時間16日午前に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」の発射実験を実施したと発表した。中国の大規模な軍事演習などに伴う台湾海峡情勢の緊張を受け、今月上旬に延期を表明していた実験とみられる。台湾との関連には言及していないが、中国が警戒を強める可能性がある。

米軍は実験延期を明らかにした際、「誤算のリスクを下げて、責任ある核保有国としての姿勢を示すものだ」と強調。米軍の核戦力態勢には影響ないと説明していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細