PCB廃棄物、室蘭に搬入 無害化処理へ

PCBを含む廃棄物を「北海道PCB処理事業所」に搬入するトラック=16日午前、北海道室蘭市
PCBを含む廃棄物を「北海道PCB処理事業所」に搬入するトラック=16日午前、北海道室蘭市

環境省は16日、東京電力福島第1原発周辺で保管されていた人体に有害な高濃度のポリ塩化ビフェニール(PCB)を含む廃棄物を、無害化処理のため北海道室蘭市にある「中間貯蔵・環境安全事業」(JESCO)の「北海道PCB処理事業所」に搬入した。

PCBは電気機器の絶縁油などに使われていたが、食用油への混入による公害「カネミ油症事件」を受けて昭和47年に製造中止となった。国が各地の廃棄物の処理を進めている。

会員限定記事会員サービス詳細