「暑さ指数」リアルタイム公表 埼玉県、20カ所で観測

埼玉県内20カ所の「暑さ指数」をリアルタイムで公開するウェブサイト(同県提供)
埼玉県内20カ所の「暑さ指数」をリアルタイムで公開するウェブサイト(同県提供)

埼玉県は、環境省が公開している熱中症予防の指標「暑さ指数」を独自に算出、公表するシステムの本格運用を始めた。観測地点は県内20カ所に設け、環境省分(8カ所)よりもきめ細やかなデータの把握が可能。また、環境省の数値が1時間ごとの更新なのに対し、県はほぼリアルタイムで公表する。県によると、暑さ指数を自治体が長期間にわたり独自に発表する取り組みは全国初という。

計測に使う指数計は、県の機関「環境科学国際センター」(加須市)が開発した。百葉箱に温湿度計やマイクロコンピューターなどを搭載した機器で、測った気温や湿度から暑さ指数を自動計算する仕組みだ。データを送信する通信装置も備えており、「進化する百葉箱」と名付けた。

観測地点はさいたま市北区の県立大宮工業高、熊谷市の県立熊谷工業高、行田市の県立進修館高など。各地点のデータは県気候変動適応センターのウェブサイトで公開され、パソコンやスマートフォンで無料で閲覧できる。今年は9月末まで続け、来年は7月初めの再開を想定している。

指数を独自に公表しようと決めたのは、熱中症で救急搬送されるケースなどが多く、より詳細なデータに基づく県民への注意喚起が不可欠と判断したためだ。環境科学国際センターの担当者は「県内は夏の暑さが厳しい。屋外で活動する若者らの熱中症のリスクを抑えたい」と話す。

暑さ指数は、人体と外気の熱のやり取りに着目した指標で、数値が高くなるほど熱中症になる可能性が増す。16日夕には全ての観測地点が28度以上31度未満の「厳重警戒」に該当した。

担当者は「28度以上だと全ての生活活動で熱中症の危険性が高まる。冷房の利用や外出を控えることなどが必要になる」と注意を呼び掛けている。(中村智隆)

暑さ指数 熱中症予防のための指標。WBGTとも表記する。通常の気温計に加え、ぬれたガーゼに包んだ気温計などを使い、気温と湿度、日差しの強さから算出する。環境省によると、1954年に米国で提案された。単位は気温と同じセ氏で表示し、暑さ指数が31度以上だと「運動は原則中止」を意味する「危険」で、28度以上が「厳重警戒」、25度以上が「警戒」。その下に「注意」「ほぼ安全」と続く。

会員限定記事会員サービス詳細