高校ダンス部選手権

スモールクラス 新潟清心女が初出場4位

【第15回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス】演技をする新潟清心女子高等学校(新潟)=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(納冨康撮影)
【第15回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス】演技をする新潟清心女子高等学校(新潟)=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(納冨康撮影)

東京ガーデンシアター(東京都江東区)で16日に開催された第15回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)全国大会のスモールクラス(2~12人)に初出場した新潟清心女。「和」と「ジャズ」を組み合わせた演技で会場を魅了し、4位に輝いた。

もともと創作ダンスのジャンルで活動してきたが、新型コロナ禍で活動の場が少なくなり、本大会への挑戦を決めた。3日前に神戸で開かれた別の大会に続く連戦となったが、部長の有本絵未里さん(17)は「とにかく楽しく、自分たちの力を出し切れた」と笑顔を見せた。

出場チームの12人は、宝塚歌劇団をイメージした髪形にそろえ、校章をあしらった羽織袴姿にハットをかぶって登場。「さくらさくら」の曲に合わせて一礼するやいなや、軽快なジャズに乗った切れ味の良い舞いへと転じるという、「ギャップを表現した」(有本さん)個性的なダンスで観客の拍手を誘った。

「大会初出場で緊張したが、新しい道を切り開くことができた」と有本さん。「この経験を、来年以降もきっと後輩たちに受け継いでもらえると思う」と満足げに話した。

会員限定記事会員サービス詳細