日本最古で最大の陸軍墓地 後世に伝えたい1万3200人の思い

真田山旧陸軍墓地の万灯会で、墓前のろうそくに火をともす関係者ら=15日夜、大阪市天王寺区(鳥越瑞絵撮影)
真田山旧陸軍墓地の万灯会で、墓前のろうそくに火をともす関係者ら=15日夜、大阪市天王寺区(鳥越瑞絵撮影)

明治期からの国内外の戦争などで命を落とした先人たちを祭る真田山旧陸軍墓地(大阪市天王寺区)。民間の立場から維持管理を担ってきた公益財団法人「真田山陸軍墓地維持会」が設立され今年で75年を迎えた。維持会は慰霊の場所としてだけでなく、日本の近代の姿を伝える史跡として後世に伝えようと活動している。終戦から77年。今年はロシアによるウクライナ侵攻も続く。「戦争」の記憶が刻まれた場としての重要性が高まっている。

慰霊の明かり

終戦の日の15日夜、閑静な住宅街や学校などが立ち並ぶ一角にある真田山旧陸軍墓地で、維持会による万灯会が営まれた。地元のボランティアら約100人も集まり、追悼と平和への願いを込めた約5千本のろうそくがともされた。

新型コロナウイルスの影響などで中止されており、開催は4年ぶり。墓石の前では、関係者らが静かに手を合わせた。維持会の花畑暢夫副理事長(68)は「今年はロシアによるウクライナへの侵攻もあり、終戦の日に、より平和への願いを強くした。今年の開催に意義があったと思う」と話した。

真田山旧陸軍墓地は明治4(1871)年、陸軍御用地となり整備された。全国に約80カ所あるとされる陸軍墓地の中では最古で最大の規模。約1万5千平方メートルの敷地に約5千基の墓石が整然と並ぶ。

墓碑からは、西南戦争、日清・日露戦争と明治期の戦争から先の大戦まで、日本の歴史上に残る戦争をたどることができる。日清戦争や第一次世界大戦で捕虜になり、大阪の病院などで死亡した清国兵やドイツ兵の墓もある。

 整然と墓石が並ぶ真田山旧陸軍墓地=大阪市天王寺区
整然と墓石が並ぶ真田山旧陸軍墓地=大阪市天王寺区

近くで生まれ育ち、維持会で常務理事を務める吉岡武さん(84)は子供のころから同墓地が遊び場の一つだった。「終戦のころには墓地に爆弾が落ちて墓石が飛び散ったままだったり、戦後は荒れた状態になって近づくのが少し怖かったりした」と振り返る。

こうした状況から昭和22年、有志により維持会の前身組織となる財団法人「大阪靖国霊場維持会」が設立された。27年からは秋季慰霊祭も始まり、今年は70年の節目だ。

真田山旧陸軍墓地で営まれた秋季慰霊祭=令和元年10月
真田山旧陸軍墓地で営まれた秋季慰霊祭=令和元年10月

墓地は地域の人々や有志による清掃などのボランティアで維持されてきたことも特徴だ。

 真田山旧陸軍墓地で行われた清掃ボランティア(真田山陸軍墓地維持会提供)
真田山旧陸軍墓地で行われた清掃ボランティア(真田山陸軍墓地維持会提供)

墓石保存修理

慰霊の場所として永く存在してきたが、平成に入り学術的な調査が行われた。国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)が8~12年に墓石を中心とした初の調査を実施。墓石の碑文や特徴などデータベース化を進めた。

また、維持会とともに活動するNPO法人「旧真田山陸軍墓地とその保存を考える会」が、22年から約3年かけて納骨堂の詳細な調査を実施した。その際、骨壺の数が約8200あることなどが判明。骨壺内の遺骨の有無や戦没地などの分類も行った。

調査が行われる中で、墓石の傷みや納骨堂の老朽化に直面した。墓石は古いもので約150年が経過、石材は風化に弱い「和泉砂岩」が多く使用されていることもあり、保存修理が喫緊の課題に浮上した。

維持会は25年から京都芸術大(旧京都造形芸術大)と協力して保存活動を実施。毎年100基を目標に保存修理を行っている。

戦後、墓地の所管は旧陸軍から旧大蔵省(現財務省)に移され、同省は令和元年度から年間250基の修復を始めている。老朽化が進んでいた納骨堂は、耐震強化工事の準備が進められ、5年度から本格的な工事が開始される予定だ。

保存を考える会の小田康徳理事長(76)=大阪電通大名誉教授=は「墓地の維持を遺族を中心にして行うには限界がある。史跡としての社会的な価値を認め、維持管理には国や地域の関わりが必要だ」と指摘する。

次世代へ継承

保存を手がけてきた維持会にも、新たな風も吹き始めた。

事務局の永田綾奈さん(33)は京都造形芸術大大学院で文化財の保存と修復を研究していた平成24年、実習を兼ね、同陸軍墓地での保存修理作業に参加。その縁で「スカウト」され、維持会の事務局となっている理美容機器メーカー、タカラベルモント(大阪市中央区)に入社し、維持会の学芸員として墓石修理の研究や普及啓発などを担っている。

花畑副理事長は「維持会を継続していくことが大事で、中心になっていってほしい」と期待を寄せる。

永田さんは「祖父も出征していたこともあり、戦争というものが身近だった。また、大学で研究してきた修復の技術を生かしたいと思った」と業務への誇りを語る。「墓石の現状維持だけでも本当は難しいこと。着実に保存修理作業を進めて、次世代へ継承していきたい」と力を込めた。(小泉一敏)

会員限定記事会員サービス詳細