満床で感染死、発表を訂正 神奈川県「医師の判断」

神奈川県庁=横浜市中区
神奈川県庁=横浜市中区

神奈川県は16日、新型コロナウイルスに感染して救急搬送された鎌倉市の90代女性が満床のため入院できず自宅で死亡したとの説明を訂正した。実際は満床ではなく、医師の判断で自宅に戻していた。保健福祉事務所から県への報告に誤りがあったという。

県によると、女性はかかりつけの往診医の検査で8日に陽性が判明。搬送先の病院で血中酸素濃度から軽症と診断され、医師が入院の必要はないと判断した。女性は9日、自宅で死亡した。

県は15日、女性は病院が満床だったため、入院できなかったと説明していた。黒岩祐治知事は記者会見で「発表の間違いをおわびする。しっかり検証したい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細