高校ダンス部選手権

桐光学園(神奈川)がスモールクラス7位

【第15回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス】演技をする桐光学園高等学校(神奈川)=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(納冨康撮影)
【第15回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス】演技をする桐光学園高等学校(神奈川)=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(納冨康撮影)

東京都江東区の東京ガーデンシアターで16日に開催された「第15回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」全国大会のスモールクラス(2~12人)に、県内からは2校が出場。3年ぶり出場の桐光学園が7位に輝いた。

桐光学園は「イリュージョン」をテーマに、光沢の衣装に黒いハットをかぶって登場。曲の途中で緑のベストを脱ぎ、ピンクの衣装を見せて印象を変え、小道具のステッキやフォーメーションの変化で会場を魅了した。部長の2年、中島理沙さん(17)は「地区大会ではミスもあり、次は完璧な演技をしたいと練習してきた。全員の雰囲気も良く、いいダンスができた」と笑顔で話した。

12年連続出場の県立百合丘は「人々を支えてくれている仕事にこそ感謝したい」と清掃員をテーマにした衣装で登場。11人の細部までそろった正確な動きで観客をひきつけ、最後は腰から取り出した雑巾を高く掲げてポーズを決めた。リーダーの3年、今野凜音さん(17)は「地区大会から振り付けを変え、技を大技に変更し、より良い演技をしたいという思いを込めた」と力強く話した。

会員限定記事会員サービス詳細