高校ダンス部選手権

山村国際(埼玉)がスモールクラス初優勝

【第15回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス】演技をする山村国際高等学校(埼玉)=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)
【第15回日本高校ダンス部選手権・スモールクラス】演技をする山村国際高等学校(埼玉)=16日午後、東京都江東区の東京ガーデンシアター(永田直也撮影)

高校のダンス部日本一を決める「第15回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」(産経新聞社、ストリートダンス協会など主催、エースコック特別協賛)の全国大会が16日、2日間の日程で東京都江東区で開幕した。初日の「スモールクラス」(2~12人)では、49校がパフォーマンスを競い、山村国際(埼玉)が初優勝に輝いた。

東日本勢初の優勝をつかんだ山村国際は「マリオネット」をテーマに黒色ドレスと黒色のメーク、白い手袋姿で登場。夢の中で操られている様子をジャズダンスで表現し、観客を魅了した。メンバーで2年の山口楓彩(ふうあ)さん(17)は「努力が実ってうれしい気持ちでいっぱい」と喜んだ。

準優勝は豊田大谷(愛知)。3位は常磐(ときわ)(福岡)、4位は新潟清心女(新潟)、5位は日体大桜華(おうか)(東京)、6位は箕面(みのお)(大阪)、7位は桐光学園(神奈川)、8位は愛工大名電(愛知)。

17日には「ビッグクラス」(13~40人)が行われる。

【高校ダンス部選手権】コロナに負けず「新顔」躍進 スモールクラス決勝

会員限定記事会員サービス詳細