石岡が伊勢ケ浜部屋に入門 日大出身、秋場所デビュー

伊勢ケ浜部屋への入門を表明し、記念撮影する石岡弥輝也=16日、東京都江東区(代表撮影)
伊勢ケ浜部屋への入門を表明し、記念撮影する石岡弥輝也=16日、東京都江東区(代表撮影)

日大相撲部出身の石岡弥輝也(23)=青森県出身=が16日、大相撲の伊勢ケ浜部屋への入門を表明した。東京都江東区の同部屋で記者会見し「夢の第一歩が踏み出せるとわくわくしている。強い関取に必ずなれるように頑張りたい」と抱負を語った。秋場所(9月11日初日・両国国技館)の新弟子検査を受ける予定。

石岡は鳥取城北高から日大に進み、184センチ、146キロの体を生かした押し相撲を得意とする。

高校の先輩で、記者会見に同席した横綱照ノ富士は「胸を出して強くさせていきたい」と期待した。幼少期から知る師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は「入門してくれて、本当にありがたい。やるからには横綱を目指して」とエールを送った。

会員限定記事会員サービス詳細