現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

8月16日

近藤誠氏(矢島康弘撮影)
近藤誠氏(矢島康弘撮影)

大学で医学部を選んだのは、サラリーマンを続ける自信がない、という消極的な理由だった。仕事といえば、誰にも頭を下げることのない開業医の父親の姿が浮かんだ。

▼慶応大学医学部では、ボート部と茶道部の活動に打ち込んだ。卒業前にすでに医学部の同級生と学生結婚して子供もいた。子供の世話を考えると、当直が少ない方がいい。こんな経緯で放射線科医になった近藤誠さんの名前が知られるようになるのは昭和63年、月刊「文芸春秋」に寄稿してからだ。

▼「乳ガンは切らずに治る」と題して、すでに海外で普及していた乳房温存療法を紹介する内容だった。温存療法と治癒率が同じなのに勝手に切り取るのは外科医の犯罪行為と指摘した。当然、乳がんの外科医は猛反発した。

ランキング

  1. 【西論プラス】東京五輪を汚した「レジェンド」、次の異名は 大阪編集長 宇田川尊志

  2. 【社説検証】安倍元首相の国葬実施 朝毎東「社会分断」と批判 「政府は正しさ説け」産経

  3. 【正論】「誇りある国」安倍元首相の遺産 麗澤大学教授・八木秀次

  4. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行<5>SDGsは親の仇(かたき)でござる

  5. 【産経抄】10月5日

  6. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行行<4>いつの間にか「吞み鉄」に変身

  7. 【正論】日本人を深くする「明治」の回顧 文芸批評家・新保祐司

  8. 【主張】ミサイル列島越え 北の暴挙阻む態勢をとれ

  9. 【主張】村上が偉業 来季はさらなる大記録を

  10. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行<3>「軽食は?」召し上がりますとも

会員限定記事