指導料名目で金銭要求 市係長停職処分

金沢市は16日、複数の同僚職員に暴行を加え、指導料名目で金銭を要求したとして、保健所試験検査課の男性係長(54)を停職1カ月の処分にした。係長は「ふざけ合いのつもりで日常的に暴行していた。指導料は冗談半分に言った」と話しているという。

市によると、係長は食肉衛生検査所に勤めていた令和2年秋ごろから、複数の同僚に仕事を教える際に大声で怒鳴ったり、指導料を要求したりしたほか、たたくなどの暴行を加えた。目撃した職員が今年6月に市に相談して発覚した。

村山卓市長は「法令順守を徹底し、一層の綱紀粛正に努める」とのコメントを出した。

会員限定記事会員サービス詳細