高市氏、入閣に「辛い気持ちで一杯」とツイート 「小林前経済安保相が頭よぎった」

記者会見する高市早苗経済安保相=10日午後9時33分、東京都千代田区
記者会見する高市早苗経済安保相=10日午後9時33分、東京都千代田区

高市早苗経済安全保障担当相は15日の記者会見で、自身の入閣についてツイッターに「辛い気持ちで一杯」などと投稿したことに関し「小林鷹之前経済安保担当相のことが頭をよぎった。小林氏が一生懸命やってきたことなので留任していただいたほうがいいと(岸田文雄首相に)申し上げた。その場合は私は入閣しなくてもいいという意味だ」と説明した。「つらい思いはまだあるが、お役をいただいた限りは全力で働く」とも語った。

高市氏は14日夜、ツイッターに「組閣前夜に岸田総理から入閣要請の電話を頂いた時には、優秀な小林鷹之大臣の留任をお願い」したと明かした。また、平成13年に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関係がある月刊誌で政治家らと対談したことに関し「21年前の掲載誌についても報告を致しました。翌日は入閣の変更が無かったことに戸惑い、今も辛い気持ちで一杯です」と書き込んだ。

高市氏は記者会見で、生前の安倍晋三元首相から「岸田首相から頼まれたことは絶対に断らずに受けないとだめだ。人事というのはそういうものだ」とのアドバイスを受けていたことも明かした。

会員限定記事会員サービス詳細