松野官房長官「各閣僚が私人として判断」 靖国神社参拝

会見する松野博一官房長官=15日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
会見する松野博一官房長官=15日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は15日の記者会見で、閣僚の靖国神社参拝について「それぞれの閣僚が私人として判断をするものだ」と述べた。野村哲郎農林水産相が10日の会見で「靖国神社についてはちゃんと岸田文雄首相からもいわれている。個人として適切に判断する」と発言したことをめぐり、記者から「参拝について政府として具体的な指示を出しているのか」と問われたのに対して答えた。

松野氏は中国や韓国が例年、閣僚の参拝に反発していることに関し「どの国であれ国のために命をささげた方々に尊崇の念を表することは当然だ。今後とも隣国である中国、韓国を含む国々との関係を強化していく方針に変わりはない」と説明した。首相の参拝については「首相が適切に判断する」と述べるにとどめた。

会員限定記事会員サービス詳細