「ちびまる子ちゃん」最新刊発売へ アニメ用脚本を漫画化

単行本第18巻に収録される「天女のはごろも伝説の巻」の扉絵(ⓒさくらプロダクション)
単行本第18巻に収録される「天女のはごろも伝説の巻」の扉絵(ⓒさくらプロダクション)

集英社は15日、平成30年8月に死去した漫画家、さくらももこさんの代表作「ちびまる子ちゃん」の単行本最新刊となる第18巻を10月25日に発売すると発表した。

集英社によると、さくらさんがテレビアニメ用に書き下ろしていた脚本を、アシスタントを長年務めてきた小萩ぼたんさんが漫画化。「天女のはごろも伝説の巻」など新作7編が収録される。

「ちびまる子ちゃん」の単行本は30年12月に発売された第17巻で一度完結したが、約4年ぶりに復活。さくらプロダクションは「自分で書いた脚本を漫画で残したいと少しずつ描き始めていたさくらの遺志を引き継ぎ、新たな形で皆様にお届けしたい」としている。

会員限定記事会員サービス詳細