郵便局の入出金機盗んだ疑いで逮捕、運搬できず放置か

三重県警は、四日市市の郵便局に侵入し現金約1060万円入りの入出金機(130万円相当)を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで、特定抗争指定暴力団山口組系組幹部、西川学容疑者(46)=自称・同市沖の島町=と電気工事士、前田慎一郎容疑者(44)=同県伊勢市東豊浜町=を逮捕した。

県警四日市北署によると、入出金機(高さ70センチ、奥行き80センチ、幅40センチ、重さ230キロ)は郵便局の外に放置されており、実際の被害はなかった。署は2人が運搬にてこずり途中で諦めたとみている。

逮捕容疑は4月15日午前4時50分ごろ、四日市市羽津町の四日市かすみ郵便局に侵入し、入出金機を盗んだとしている。

署によると、バールのような工具で職員出入り口の鍵を壊し、無人の郵便局に侵入したとみている。防犯カメラに3人写っていたことから、他に共犯者がいるとみて行方を捜している。

会員限定記事会員サービス詳細