生理用品無償提供法が施行 英スコットランド、世界初

英北部スコットランドで15日、ナプキンやタンポンなどの生理用品を必要とする全ての人が無償で得られる権利を保護する法律が施行された。スコットランド自治政府によると、自治体や教育機関に生理用品の無償提供を義務付けるもので、法制化は世界で初めてという。

経済的理由で生理用品を購入できない「生理の貧困」を解消する狙いがある。「生理の貧困」は世界各地で社会問題になっており、新型コロナウイルス流行などで生活に困窮する人が増える中、日本でも国や自治体が取り組みを強化。公共施設や学校での無償配布が全国で広がっている。

英メディアによると、生理用品を無償提供する法案は労働党のモニカ・レノン議員がスコットランド議会に提案し、2020年に全会一致で可決された。レノン氏は、法制化実現は「生理の貧困」の撲滅に向けて「世界に前向きな変化を与えている。先駆者であることを誇りに思う」と述べた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細