東証、一時300円超上昇 米インフレ懸念後退で買い

東京都中央区の東京証券取引所(飯田英男撮影)
東京都中央区の東京証券取引所(飯田英男撮影)

週明け15日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。前週末12日の米国株式相場がインフレ加速への懸念後退を受けて堅調だった流れを引き継ぎ、朝方から買い注文が優勢だった。上げ幅は一時300円を超えた。

午前終値は前週末終値比283円92銭高の2万8830円90銭。東証株価指数(TOPIX)は10・04ポイント高の1983・22。

前週末12日の米ダウ工業株30種平均は続伸した。7月の米輸入物価指数が前月より1・4%下げたことで、インフレによる消費減退への警戒感が弱まった。ハイテク株主体のナスダック総合指数も反発した。

週明け15日の東京市場でも半導体関連銘柄などの上昇が目立った。15日午前に中国人民銀行(中央銀行)が追加金融緩和の姿勢を示したことも投資家心理を支えた。

会員限定記事会員サービス詳細