徳島・美馬市長が辞職 公選法違反で略式命令

徳島県美馬市の藤田元治市長(同市ホームページから)
徳島県美馬市の藤田元治市長(同市ホームページから)

徳島県美馬市の臨時議会は15日、公選法違反(公務員の地位利用、事前運動)の罪で罰金30万円の略式命令を受けた藤田元治市長(60)の同日付での辞職を承認した。藤田氏は略式命令を受けた10日に罰金を即日納付し、市議会議長宛てに辞職願も出していた。市選挙管理委員会によると、次期市長選は10月2日までに行われる。

藤田氏はこの日の議会で「公人として法令違反に問われたことは不徳の致すところ。自分の行為を弁明するつもりは一切ない」と述べた。

起訴状によると、藤田氏は公示前の6月中旬ごろ、市役所内で職員27人に対し、参院選の比例代表で再選された自民党の足立敏之氏(68)の略歴や提言が記載されたパンフレットを配り投票を依頼したとしている。

藤田氏は平成28年の市長選で初当選。令和2年に再選され2期目だった。

会員限定記事会員サービス詳細