高校ダンス部選手権

強豪ぞろいの大阪・九州勢 関東勢の初制覇なるか  16、17日に開催

高校ダンス部の日本一を決める「第15回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)」の全国大会が16、17日に東京都江東区の東京ガーデンシアターで開催される。高校ダンス部の大会として日本最大の規模を誇り、15回目を迎えた今大会は、ビッグクラス(13~40人)とスモールクラス(2~12人)に過去最多の計608チームがエントリーした。地区大会を勝ち抜いたビッグクラス51チーム、スモールクラス51チームが全国大会の舞台に臨む。

地区大会の狭き門を勝ち抜いた精鋭チームが集う全国大会では、「日本一」の栄冠を目指し、高校生ダンサーらが2分半の演技に青春の全てをかける。全国大会となった第4回大会(平成23年)から昨年の第14回大会(令和3年)まで、ビッグクラス、スモールクラスの優勝はいずれも大阪と福岡の西日本勢がつかんでおり、今年も連覇や奪還を狙い、作品を練り上げてきた。準優勝が最高だった関東勢などが今年こそは優勝を勝ち取ることができるかにも注目が集まる。

注目校の一つはビッグクラスの初代チャンピオンに輝き、全国大会では最多6回の優勝を誇る同志社香里(大阪)だ。2年ぶりの王座奪還を狙う。スモールクラスでは、最多6回優勝を誇る箕面(同)も2年ぶりの優勝を目指す。

今年の近畿大会では、この両校に加え、ビッグクラスには、注目校の一つでもある全国大会2年連続準優勝の久米田(同)が悲願の初優勝に焦点を定める。スモールクラスは、昨年全国大会優勝の初芝立命館(同)や優秀賞の四條畷学園(同)が出場する。

圧倒的な強さの大阪勢に近年、食い込んでいるのが九州勢だ。今年の九州大会もレベルの高い戦いとなった。中でも注目度が高いのは福岡大若葉(福岡)だ。初出場だった昨年のビッグクラス全国大会で初優勝に輝き、今年も完成度の高い作品で2連覇を見据える。スモールクラスでは、常磐(同)がクラシック音楽に合わせた高速の振り付けを武器に全国大会に臨む。北九州市立(同)は男女混合のダイナミックなブレイクダンスで勝ち進んだ。

全国大会は準優勝が最高順位だった関東勢も初の頂点を狙う。関東・甲信越大会を勝ち進んだ注目校は、ビッグクラスでは、昨年、新型コロナウイルス感染により出場を辞退した駒大高(東京)だ。地区大会Dブロックで優勝し、5度目の全国大会出場を決めた。スモールクラスの注目校は、昨年、初出場でストリートダンス協会賞を獲得した日体大桜華(同)。ヒップホップで2分半の勝負をかける。

東海大会では、ビッグクラスの光ケ丘女(愛知)の演技終了後、会場がざわつくほどだったといい、期待が高まる。北海道大会ではビッグクラス、スモールクラスともに札幌月寒(北海道)、東北大会ではスモールクラスは常連校の仙台城南(宮城)、ビッグクラスは5年ぶりに天童(山形)が全国大会に挑む。

今年は新たに、中国・四国大会と京滋・北陸大会が設けられ開催された。昨年まで近畿大会や東海大会に含まれていたが、今年は分けられ出場のチャンスが広がった。中国・四国大会ではスモールクラスで創志学園(岡山)、ビッグクラスは岡山学芸館(同)が全国大会出場を決めた。

京滋・北陸大会では、スモールクラスは山城(京都)、ビッグクラスは京都文教(同)が勝ち上がった。沖縄大会では、スモールクラス、ビッグクラスいずれも小禄(沖縄)が全国大会に進んだ。

全国大会の模様は当日、フジテレビが運営する動画配信サービス「FODプレミアム」でライブ配信予定。FODプレミアムでは地方大会、全国大会の出場全チームの演技をアーカイブ配信。地上波のフジテレビでは大会の特番を20日午後1時30分から放送し、21日夕方からFODと動画配信サービスTVerで見逃し配信。

主催 ストリートダンス協会、産経新聞社、フジテレビジョン

共催 東京ガーデンシアター

後援 スポーツ庁、全国高等学校体育連盟ほか

特別協賛 エースコック

協賛 ポカリスエットほか

運営統括 ブルースプラッシュ

会員限定記事会員サービス詳細