列車事故死亡は17歳少年 刺傷の娘と知人、関連捜査

福岡県警小倉北署は15日、北九州市小倉北区で13日夜に母親(37)と高校生の娘(15)が刺され重傷を負った殺人未遂事件の約30分後に、最寄りのJR南小倉駅付近で起きた列車事故で死亡したのは東京都葛飾区の職業不詳の少年(17)だったと発表した。捜査関係者によると娘の知人。県警は事件と事故の関連を慎重に調べている。

署によると、少年は灰色のTシャツとジーパンを身に着けていた。列車事故の現場付近には自転車が残され、少年が使用した可能性を調べる。

事件は同駅から南西に約700メートルの住宅地で発生。13日午後9時50分ごろ「女性が助けてと叫んでいる」と110番があり、刺された母親は「帰宅したら若い男が出てきて刺された。男は逃げた」と話した。娘は腹を刺され、小倉北署が捜査している。

会員限定記事会員サービス詳細