GDP実質年2・2%増 3期連続プラス成長 4~6月期、行動制限解除で消費回復 コロナ前水準を回復

内閣府などが入るビル=東京都千代田区(桐原正道撮影)
内閣府などが入るビル=東京都千代田区(桐原正道撮影)

内閣府が15日発表した令和4年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・5%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は2・2%増だった。3年ぶりに新型コロナウイルス対応の行動制限がない大型連休を享受し、個人消費の回復が内需を押し上げた。

過去にさかのぼって数値が改訂されたことで、マイナス成長だった1~3月期は0・01%のプラス成長となり、4~6月期は3四半期連続のプラスになった。

実質GDPは年換算の金額ベースで542兆円だった。令和元年10~12月期の540兆円を上回り、政府が3年度の目標として掲げていたコロナ流行前水準の回復をようやく達成した。

項目別では、GDPの半分以上を占める個人消費が前期比1・1%増だった。3月下旬に蔓延(まんえん)防止等重点措置が解除されたことで、大型連休中の需要に牽引(けんいん)された外食や旅行、宿泊などのサービスが好調だった。

企業の設備投資もソフトウエア投資が寄与し1・4%増と堅調だったが、住宅投資は建設資材の上昇などが響き1・9%減少した。

外需は、輸出が中国のコロナ対策によるロックダウン(都市封鎖)のあおりを受けたものの、鉄鋼製品、非鉄金属などが増加に寄与して0・9%増だった。輸入は原油や天然ガスなどが寄与し0・7%増だった。

個人消費などの「内需」が実質GDP全体の増減率にどれほど影響したかを示す寄与度は、プラス0・5ポイント(年率プラス2・0ポイント)だった。輸出から輸入を差し引いた「外需」の寄与度はプラス0・04ポイント(同プラス0・2ポイント)にとどまった。

また、景気実感に近いとされる名目GDPは0・3%増、年率換算は1・1%増となり、こちらも3四半期連続のプラスになった。

病み上がり日本に次の危機迫る 景気回復に3つの障害 コロナ、物価高、米利上げ

会員限定記事会員サービス詳細