現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

8月15日

今月で没後30年を迎えた松本清張は8月15日の終戦を陸軍衛生兵として朝鮮半島の南西部の町で迎えた。玉音放送はほとんど聞き取れなかった。しばらくして暗号兵から、日本が無条件降伏したらしいとの噂が流れてきた。

▼戦後、社会派推理小説の第一人者となった清張には、戦争をテーマにした作品が少なくない。『遠い接近』もその一つである。主人公の山尾は、6人の家族を抱えて色版画工として忙しく働いていた。ある日、30歳を超えていた山尾に召集令状が届く。復員を果たしたものの、家族は全滅していた。中年の自分に赤紙を送った人物が生きているのを知り、復讐(ふくしゅう)を誓う。

▼前半部分は、清張自身の体験と重なっている。『半生の記』によると、赤紙が指定した日に出向いた検査場で係官とこんなやり取りを交わしている。「お前、教練にはよく出たか」。「あまり、出てない」。「ははあ、それでやられたな」。教練とは、各地の在郷軍人会支部が入隊の経験のない男子に施していた軍事教練である。

ランキング

  1. 【西論プラス】東京五輪を汚した「レジェンド」、次の異名は 大阪編集長 宇田川尊志

  2. 【正論】「誇りある国」安倍元首相の遺産 麗澤大学教授・八木秀次

  3. 【社説検証】安倍元首相の国葬実施 朝毎東「社会分断」と批判 「政府は正しさ説け」産経

  4. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行<5>SDGsは親の仇(かたき)でござる

  5. 【産経抄】10月5日

  6. 【正論】北海道開拓の歴史を抹殺するな 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝

  7. 【令和阿房列車で行こう 鉄道開通150年記念】第一列車 稚内行行<4>いつの間にか「吞み鉄」に変身

  8. 【主張】ミサイル列島越え 北の暴挙阻む態勢をとれ

  9. 【正論】日本人を深くする「明治」の回顧 文芸批評家・新保祐司

  10. 【正論】現実を直視しない日本が心配だ 龍谷大学教授・李相哲

会員限定記事