新型クラウン9月1日発売 トヨタ、クロスオーバー

トヨタ自動車の新型クラウン(左から)クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステート=7月15日午後、千葉市美浜区(萩原悠久人撮影)
トヨタ自動車の新型クラウン(左から)クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステート=7月15日午後、千葉市美浜区(萩原悠久人撮影)

トヨタ自動車は15日、新型の高級車「クラウン」を9月1日に発売すると明らかにした。4種のボディーをシリーズで展開するが、第1弾としてスポーツ用多目的車(SUV)とセダンが融合した「クロスオーバー」を発売する。

新型クラウンを7月15日に世界初公開し、秋ごろに第1弾を発売するとしていた。クロスオーバーは全グレードがハイブリッド車(HV)。希望小売価格は435万円から640万円。愛知県豊田市の堤工場と元町工場で生産する。

残り3種の「スポーツ」「エステート」「セダン」も今後1年半のうちに順次発売する。

クラウンは昭和30年発売のトヨタの旗艦車種。新型車は約4年ぶり。国産高級車の代表格で今回が16代目となる。これまでは日本を中心に販売していたが、約40の国・地域で展開する世界モデルとする。

会員限定記事会員サービス詳細