終戦の日・各党談話

立憲民主党「アジア諸国に損害と苦痛、深く反省」

立憲民主党・泉健太代表「先の大戦で、わが国は国家の針路を誤り、国民のみならず多くの国々、とりわけアジア諸国・地域の人々に多大の損害と苦痛を与えた。私たちはこのことを深く反省し、二度と戦争の惨禍を繰り返すことのないよう、改めて誓う。非核三原則を壊す『核共有』や際限なき集団的自衛権の拡大、シビリアンコントロールの形骸化など立憲主義、平和主義を脅かす動きを見過ごすことはできない」


会員限定記事会員サービス詳細