「靖国神社への礼は止められない慣習」韓国高官が一定の理解

終戦の日を迎え靖国神社を参拝する人々=15日午後、東京都千代田区(鴨志田拓海撮影)
終戦の日を迎え靖国神社を参拝する人々=15日午後、東京都千代田区(鴨志田拓海撮影)

【ソウル=桜井紀雄】大統領府高官は15日、靖国神社への閣僚の参拝や岸田文雄首相の玉串料奉納を受け、「靖国神社へ日本の指導者が何らかの方法で礼を表すのは止められない慣習になっている」と記者団に説明し、一定の理解を示した。

高官は、首相の玉串料奉納について「事前に韓国側に説明があった」と明らかにし、日韓両政府間で「大枠では非常に緊密に対話が進んでいる」と述べた。

一方、韓国外務省は15日、「深い失望と遺憾の意を表明する」との報道官論評を発表した。論評は、靖国神社について「侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)した」と指摘。韓国政府として「日本の責任ある人たちが歴史を直視し、真摯(しんし)な反省を行動で示すこと」を求めた。

会員限定記事会員サービス詳細