英、2価ワクチンを世界初の承認 オミクロン株対応

新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

英国の医薬品規制当局は15日、オミクロン株に対応した新型コロナウイルス2価ワクチンを成人向けのブースター接種(追加接種)として承認した。英メディアは、2価ワクチンの承認は世界で初めてとしている。

承認されたのは米モデルナ社が開発した2価ワクチン。英医薬品規制当局は臨床試験データに基づき、安全性や品質、有効性で英国の基準を満たすことが確認されたとしている。

既存の新型コロナワクチンは重症化予防効果があるものの、ウイルスの変異や接種からの時間の経過に伴う効果の低下が指摘されている。英当局は声明で「ウイルスが変化し続ける中、この2価ワクチンは私たちを守る武器となる」とした。承認を受け、ワクチン・予防接種の合同委員会が今後、接種方法などを助言していくという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細