終戦の日・各党談話

自由民主党「世界の平和と安定に積極寄与」

自由民主党「唯一の戦争被爆国として、『核兵器のない世界』の実現に向け、現実的な歩みを着実に進めるべく国際社会をリードしていく。深刻な事態が続くウクライナ情勢、中国の軍事力強化、北朝鮮によるミサイル発射など、日本を取り巻く安全保障環境は加速度的に厳しさを増している。国際社会と連携し、アジア太平洋地域、そして世界の平和と安定にこれまで以上に積極的に寄与していく必要がある」



会員限定記事会員サービス詳細