広島・神石高原町でヘリ墜落 搭乗者1人は安否不明

国土交通省航空局は15日、広島県神石高原(じんせきこうげん)町にあるダム近くの沢で同日午後、ヘリコプターが墜落した状態で見つかったと明らかにした。愛媛県から神石高原町に向かい、消息不明となった個人所有のヘリとみられる。

広島県警によると、ダム付近でパイロットとみられる男性1人が発見された。国交省によると安否は不明。

国交省によると、飛行計画ではヘリの搭乗者は1人で、15日午後1時15分に愛媛県上島町内を離陸した。30分後に神石高原町に到着する予定だったが、着陸の報告がなかった。

約2時間後に燃料が枯渇する時間となり、遭難したとみて捜索活動を進めていた。午後6時15分ごろ、神石高原町にあるダム付近で発見された。

会員限定記事会員サービス詳細