JR宇都宮駅で架線断線 1万2千人に影響

15日午前6時半ごろ、宇都宮市のJR宇都宮駅で、到着直前の電車の運転士が隣の線路の上に張られた架線が切れているのを見つけた。

JR東日本大宮支社によると、東北線(宇都宮線)や湘南新宿ラインの一部区間などが一時運転を見合わせ、約5時間後に運転を再開、約1万2千人に影響した。同社が断線した原因を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細