里見女流五冠、棋王戦本戦初戦で敗れる

棋王戦挑戦者決定トーナメントで阿久津主税八段(右)に敗れ、対局を振り返る里見香奈女流五冠=15日午後、大阪市福島区(日本将棋連盟提供)
棋王戦挑戦者決定トーナメントで阿久津主税八段(右)に敗れ、対局を振り返る里見香奈女流五冠=15日午後、大阪市福島区(日本将棋連盟提供)

将棋の里見香奈女流五冠(30)=清麗・女流王座・女流王位・女流王将・倉敷藤花=は15日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた第48期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、後手の阿久津主税(ちから)八段(40)に敗れ、ベスト16進出を逃した。里見女流五冠は八大タイトル戦のうち、女流棋士の出場枠がある5棋戦で本戦に女性で初めて進出したが、初戦で敗れた。

終局後、里見五冠は「良くなった局面もあったと思うが、焦り過ぎた。自分の力は出し切れたと思う。(今期の棋王戦について)貴重な経験で強い先生とたくさん指せたので、今後に生かせたらと思う」と話した。

一方、里見女流五冠は女性初の「棋士」を目指し、女流棋士とは別制度の棋士の編入試験が18日に控えており、徳田拳士四段(24)と対戦する。試験は四段5人と月1局ペースで戦い、3勝すれば合格する。

会員限定記事会員サービス詳細