消防訓練で救助用ゴム弾が飛びすぎる誤射、敷地外の車が破損 宮城・登米

宮城県登米市消防本部は14日、救命索発射銃の訓練で誤ってゴム弾を敷地外まで約80メートル飛ばし、近くにある会社の車のガラスとドアを破損させたと発表した。空気圧の調節や発射角度が適切でなかった可能性があるという。

13日午後3時10分ごろ、消防本部の駐車場で署員5人が訓練中、口径63ミリの救命索発射銃を発射。ロープの付いたゴム弾が飛びすぎ、駐車されていた工事車両の助手席のガラスが割れ、ドアがへこんだ。

救命索発射銃は水難事故などで使われ、遠方や高所にロープを付けたゴム弾を飛ばす。登米市では年2~3回、約50メートルの飛距離で訓練している。

会員限定記事会員サービス詳細