半導体不足は解消に向かうも、「複雑なサプライチェーン」が新たな“壁”になる

深刻化していた半導体不足は、備蓄や個人消費の減少によって需給バランスがとれ始めた。ところが、今度はサプライチェーンの複雑さが新たな課題となり、供給の不確実性を高めている。

世界最先端の半導体を生産している台湾の半導体メーカーである台湾積体電路製造(TSMC)は、前四半期の利益が過去最高を記録し、前年同期比76.4%増の2,370億3,000万ニュー台湾ドル(約1兆843億円)になったと発表した。これと同時にTSMCは、消費者需要の低下と半導体の買いだめの影響で、将来の財務に悪影響が及ぶかもしれないと警告している。

「半導体のサプライチェーンにおける過剰在庫が再び健全な水準に戻るまでには、まだ数四半期かかると予想している」と、TSMCの最高経営責任者(CEO)のシーシー・ウェイ(魏哲家)は決算説明会で語っている。

これは少なくとも一部にとっては、最近の半導体生産のブームがようやく終わったことを示す最新の兆候と言える。しかし、だからといって世界経済を悩ませてきた半導体不足が解消されようとしているわけでも、米国が先進的な半導体の生産能力の強化について気にする必要がなくなるわけでもない。

「特定の業界では(半導体不足の)緩和や、均衡状態が見られるようになってます」と、サプライチェーンのデータ分析によって企業のリスク予測を支援しているEverstream AnalyticsのCEOのジュリー・ガーデマンは言う。一方で、半導体のサプライチェーンが複雑であることや、さまざまな分野で多様な部品が使われていること、そして製品の入手可能性に影響を与えるリスクが進化していることなどから、より微妙な要素を加味して全体像を描く必要があるも指摘する。

人々はしばしば、すべての半導体が同じであるかのように考えるのだと、ガーデマンは言う。だが、「実際には半導体の種類と業界に注目する必要があります」とも指摘する。そして、一部の分野ではまだ供給不足が続いており、将来の供給に関する不確実性も高まっていると言う。

緩和され始めた半導体不足

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を機に、ノートPCやゲーム機などのガジェット購入ラッシュやクラウドコンピューティングの利用急増、自動車業界や家電業界における半導体のニーズの高まりが世界的に発生した。この結果、多くの半導体メーカーの業績は、ここ数年で右肩上がりの状況になっていた。

こうした未曾有の需要に、サプライチェーンの混乱やパンデミックによる操業停止が重なった。こうして一部の半導体が深刻な品不足に陥り、これまでに工場が閉鎖されたり、企業が製品の再設計や再構築、部品の買いだめを余儀なくされたりしてきたのだ。

そしていま、急激なインフレや経済の不確実性の増大、暗号通貨の価格暴落、そして一部の部品の過剰供給によって品不足は緩和され、特定の半導体では高騰していた価格が下がりつつある。

会員限定記事会員サービス詳細