飲酒後に居眠り、容疑者名や住所が入った捜査資料を紛失 兵庫県警

兵庫県警本部=神戸市中央区
兵庫県警本部=神戸市中央区

兵庫県警生活経済課は14日、同課の男性警部(49)が、捜査資料2通が入った手提げかばんを紛失したと発表した。紛失した資料には、同課が捜査中の事件の容疑者名などが記載されていた。

同課によると、男性警部は12日午後8時半~同11時ごろまで、捜査資料が入ったかばんを持ったまま、阪急西宮北口駅(兵庫県西宮市)近くの居酒屋で同僚と飲酒。西宮市内の自宅まで徒歩で帰宅途中に歩道脇道で居眠りをし、13日午前5時ごろに目を覚ました際、かばんの紛失に気が付いたという。

捜査書類には事件の容疑者のほか、名前と住所が28人分、名前のみでは約400人分が記載されていたという。同課は「発見に努めるとともに、再発防止のための指導に徹底する」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細