「安全に問題」の学校設備、1000カ所超に 定期点検すり抜ける

2021年4月、防球ネットの木製支柱が折れ、児童2人が死傷した宮城県白石市立白石第一小の校庭
2021年4月、防球ネットの木製支柱が折れ、児童2人が死傷した宮城県白石市立白石第一小の校庭

昨年4月に宮城県白石市立小で防球ネットの支柱が倒れ、児童2人が死傷した事故を受け学校設備の詳細な点検が全国で実施された結果、「安全性に問題あり」と判断された設備が都道府県庁所在地(東京は都庁のある新宿区)47市区のうち19市区の公立小中学校で見つかり、計1298カ所に上ることが14日、共同通信の独自集計で分かった。定期点検では発見できておらず、事故を契機に隠れた危険箇所があぶり出された。

プール監視台など高所設備の劣化、ブロック塀のひびなどが見つかり、安全な学校への模索が続く。一方、点検対象物がなかったと回答したり、各学校の点検結果を把握していなかったりした自治体も多かった。点検手法が一定ではなかった可能性がある。

昨年4月には北九州市立中でバスケットボールのゴールボードが落下し、生徒が負傷する事故も発生。文部科学省は5月、倒壊や落下の恐れのある設備の総点検を全国の教育委員会に通知した。

会員限定記事会員サービス詳細