東国原氏、宮崎知事選に立候補の意向 17日正式表明

東国原英夫氏
東国原英夫氏

タレントで前宮崎県知事の東国原英夫氏(64)が、任期満了に伴う宮崎県知事選(12月8日告示、25日投開票)に立候補する意向を固めた。後援会関係者が14日、明らかにした。17日に宮崎市内で記者会見し、正式表明する。知事選には現職の河野俊嗣知事(57)が4選を目指し、立候補する考えを示している。

東国原氏は平成19年から県知事を1期務めたが、2期目は出馬せず、23年4月の東京都知事選に立候補して敗れた。東国原氏が県知事だった当時、河野氏は副知事を務めた。

東国原氏は今月7日に宮崎市内で講演後、報道陣に「有志から、宮崎が元気がない、盛り上げてくれとの意見を頂戴している。もう一回チャレンジしろと言われれば、考えていかないといけない」と話していた。

会員限定記事会員サービス詳細