飛驒川に消毒剤流出、魚が大量死 岐阜・高山

岐阜県高山市は14日、同市久々野町久須母の屎尿(しにょう)処理施設「久々野衛生センター」から、汚水処理水の消毒などに用いる次亜塩素酸ソーダが流出したと発表した。施設周辺の飛驒川でアユなどの魚約千匹が死んでいるのが見つかり、市は次亜塩素酸ソーダが原因とみている。人的被害は確認されていない。市は流出の原因を調べている。

14日午後1時45分ごろ、施設周辺の釣り客から「魚が浮いている」と益田川上流漁業協同組合(高山市)へ連絡があった。

流出量は最大1250リットルとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細