韓国で慰安婦記念日、尹大統領のメッセージはなし 文前政権と温度差

韓国の尹錫悦大統領(聯合=共同)
韓国の尹錫悦大統領(聯合=共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国が国の公式記念日「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」とする14日、韓国各地で記念行事が行われた。ただ、政府主催の行事は新型コロナウイルス感染防止を理由に事前録画の放送にとどまり、尹錫悦(ユンソンニョル)大統領からのメッセージもなかった。

金賢淑(キムヒョンスク)女性家族相は録画演説で「被害者の真実を守り、全世界に自由や人権を広めていく」と述べた。

8月14日は、韓国人女性が1991年に慰安婦だったことを公の場で初証言した日で、文在寅(ムンジェイン)前政権は国の記念日とし、2018年から政府主催の式典を開いて文前大統領が演説したり、メッセージを寄せたりするなど、重視してきた。

尹政権は、文氏が15年の日韓慰安婦合意を事実上ほごにしようとするなどして悪化した日韓関係の修復を目指し、合意を尊重する立場を強調している。これに対し、元慰安婦の支援団体が強く反発。10日に開いた集会で「尹政権は日本政府への屈従的な姿勢で一貫している」と批判した。

尹氏は元慰安婦への支援を担う女性家族省の廃止を公約に掲げ、廃止に向けた計画案の準備を金氏に指示しており、元慰安婦支援事業の先行きは不透明だ。

会員限定記事会員サービス詳細