小学生きょうだいと母死亡に関与か 不明の42歳父見つかる

愛知県警本部=名古屋市
愛知県警本部=名古屋市

愛知県犬山市と同県扶桑町で母子3人の死体が見つかった事件で、行方が分からなくなっていた父親(42)が見つかっていたことが13日、関係者への取材で分かった。愛知県警犬山署は、父親が3人の死亡に関わった疑いがあるとみて事情を聴く方針。

事件は9日に発覚。犬山市の山中に放置されたワゴン車から小学4年、田中千結(ちゆ)さん(9)と1年の十楽(とら)君(6)きょうだいが、扶桑町の自宅で母、智子さん(42)がいずれも遺体で見つかった。

死因は、千結さんが胸を刺されたことによる「心タンポナーデ」、十楽君と智子さんは首を絞められたことによる窒息死だった。3人とも殺害されたとみられる。

自宅から遺書が見つかっており、同署は父親か智子さんが書いたとみている。

会員限定記事会員サービス詳細