張本智が4強 女子の伊藤は準々決勝敗退 卓球ノジマ杯

準々決勝を突破した張本智和=トッケイセキュリティ平塚総合体育館
準々決勝を突破した張本智和=トッケイセキュリティ平塚総合体育館

卓球の2024年パリ五輪シングルス代表の選考対象となるTリーグ・ノジマカップは13日、神奈川・トッケイセキュリティ平塚総合体育館で開幕し、16人で争う男子は昨夏の東京五輪団体銅メダルの張本智和(琉球)らが14日の準決勝進出を決めた。24人出場の女子は五輪団体銀の平野美宇(神奈川)らが4強入りし、五輪シングルス銅の伊藤美誠(スターツ)は準々決勝で敗れた。

張本智は1回戦で15歳の松島輝空(東京)を4-1で下し、準々決勝では今年の全日本選手権を制した戸上隼輔(明大)に4-3で競り勝った。準決勝では森薗政崇(岡山)と対戦する。もう1カードは吉村真晴(琉球)-吉山僚一(岡山)となった。

伊藤は準々決勝で昨年の世界選手権代表の芝田沙季(日本ペイント)に3-4で競り負けた。準決勝の顔合わせは芝田-平野、早田ひな(日本生命)-木原美悠(神奈川)となった。

会員限定記事会員サービス詳細