バスケ男子、イランに競り勝つ 強化試合

日本―イラン 第2クオーター、ゴールを狙う馬場(左)=ゼビオアリーナ仙台
日本―イラン 第2クオーター、ゴールを狙う馬場(左)=ゼビオアリーナ仙台

バスケットボール男子の国際強化試合は13日、ゼビオアリーナ仙台で行われ、世界ランキング38位の日本は同23位のイランに82―77で競り勝った。

日本は前半、馬場のゴール下への突破や好守からの速攻で得点を伸ばし、33―24とリードした。後半は追い上げられ、一時逆転を許したが、第4クオーターに須田(名古屋D)らが3点シュートを7本決めるなどして押し切った。須田がチーム最多の20得点。馬場が19点を挙げた。

会員限定記事会員サービス詳細