荷台のポリタンク落下でバイクなどに直撃 ひき逃げ容疑でトラック運転手逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

トラックに積載していたポリタンクを落下させ、後続のオートバイの運転手らにけがを負わせて逃走したとして、大阪府警南堺署は13日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、大阪市浪速区浪速西の会社員、赤嶺永仁容疑者(65)を逮捕した。「ポリタンクを落下させた認識がなかったので納得できない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は8日午後0時55分ごろ、堺市南区槇塚台の市道で2トントラックを運転中、積み荷のポリタンク(縦横ともに約80センチ、高さ約100センチ、重さ約10キロ)を落下させ、ポリタンクが直撃した後続のバイクの運転手らにけがをさせるなどしたのに逃走したとしている。

同署によると、現場は片側1車線の緩やかなカーブ。この事故でバイクに乗っていた大阪府富田林市の美容師の男性(41)が右鎖骨を折る重傷、息子の中学生(12)が左足に打撲などの軽傷を負った。

ニュースサイトで報じられた乗用車のドライブレコーダーの映像を見た会社関係者が12日、府警に相談して赤嶺容疑者が浮上した。

会員限定記事会員サービス詳細