ウクライナは原発攻撃せず 影響熟知と米軍幹部

ザポロジエ原子力発電所に向かう露軍=5月、ウクライナ南部(AP)
ザポロジエ原子力発電所に向かう露軍=5月、ウクライナ南部(AP)

米軍幹部は12日、記者団に対し、ウクライナ南部にある欧州最大のザポロジエ原発について、ウクライナ軍が「攻撃するとは思えない。大惨事を引き起こすようなことはしないだろう」と述べた。攻撃した場合の影響を熟知していると指摘した。

7月以降、相次ぐ原発への攻撃を巡り、ロシアとウクライナは相手側の仕業だと互いに非難している。

米軍幹部は、ロシアが2014年に強制編入したウクライナ南部クリミア半島のロシア軍航空基地で起きた爆発について、誰が攻撃したか「知らない」とした上で、ウクライナ軍に「クリミアへの攻撃を可能にするものは何も提供していない」と強調した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細