日本の自動車市場が大きく変わるかもしれない 新型BYDアットスリー試乗記

中国のBYDが、日本の乗用車市場へ参入する。2023年1月上陸予定の「ATTO 3(アットスリー)」に、小川フミオがひと足先に乗った!

予想以上のクオリティの高さ

中国からBEV(バッテリー式電気自動車)の「ATTO 3(アットスリー)」がやってくる。大手自動車メーカーBYDが手がける同車は、本国で2022年2月に発売されたばかり。豪州、シンガポールなどに次いで日本でも展開する。スタイリング(とくにインテリア)は斬新であるが、乗ると重厚感があって、期待以上によく走る。好感の持てる出来だ。

アットスリーは、全長4455mm、全高1615mmのボディに、最高出力150kW、最大トルク310Nmを発揮する電気モーターを搭載した前輪駆動。58.56kWhのバッテリーを組み合わせて、航続距離は485kmに達するという。

乗りこむときのドアの開閉からして、予想以上のクオリティの高さ。いやそんな表現をしては失礼だろう。ドイツ車並みに“ガチャリ“と開き、“バスン”と閉まる。下手な日本車よりはるかに出来が良い。

車内のデザインは独特だ。スポーツジムと音楽スタジオがデザインソースという。たとえばドアマウントされたスピーカーには、ギターの弦を思わせるラバーコードが張られているという具合。“装飾過多”と思う人もいるかもしれないが、マジメな日本の自動車界に一石を投じるかもしれない。

スイッチ類の感触や、シートの造型や表皮、それに座り心地は、短時間(約20分)しか乗れなかったため断言はできないものの、すくなくとも印象は悪くない。おもてなし感覚があって楽しかった。

重厚な乗り心地

始動ボタンを押して、シフトレバーでDを選ぶ。ドライブモードは「エコ」「スタンダード」「ノーマル」で、その橫に回生ブレーキの効き具合を選べる切り替えスイッチが設けられている。

ふつうの市街地を走るならエコで充分。速度が高めの合流地点でもたつくことはない。加速もよく、法定速度の範囲内で試したところ、キビキビと走り、交通の流れは簡単にリードできる。

会員限定記事会員サービス詳細