台風8号、東日本上陸へ 災害警戒、交通影響に注意

8月13日午前9時現在のひまわり雲画像
8月13日午前9時現在のひまわり雲画像

台風8号は13日、日本の南を北北東へ進んだ。日中に東日本の太平洋側に接近し、上陸の見込み。気象庁は、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波への警戒を呼びかけた。東海地方では線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性もある。お盆の時期と重なり、交通への影響にも注意が必要となりそうだ。

気象庁によると、東日本の太平洋側を中心に14日にかけて雷を伴う非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨となる。14日午前6時までの24時間雨量は多い所で東海300ミリ、関東甲信250ミリ、東北、伊豆諸島120ミリ。線状降水帯が発生すれば局地的にさらに雨量が増える可能性がある。

東海道新幹線は13日午前、静岡―掛川間の雨量計が規制値に達したため、同区間の上下線で一時運転を見合わせた。静岡市は13日午前、大雨を受け、葵区などの計約7万2000人に避難指示を出した。

会員限定記事会員サービス詳細