巨4―1広 直江がプロ初勝利

勝利球を手に原辰徳監督(左)とプロ初勝利を喜ぶ巨人・直江大輔=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)
勝利球を手に原辰徳監督(左)とプロ初勝利を喜ぶ巨人・直江大輔=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)

巨人は直江がプロ4年目で初勝利。球威があり、6回を3安打無得点に抑えた。一回に重信の適時二塁打と中田の適時打で2点先制し、四回はポランコと大城がソロ本塁打。広島は8安打を放ってもつながりを欠き、4連勝で止まった。

会員限定記事会員サービス詳細