原発攻撃、1基が稼働停止 国連安保理でIAEA局長

ザポロジエ原発の前に立つ露軍関係者=5月、ウクライナ南部(AP)
ザポロジエ原発の前に立つ露軍関係者=5月、ウクライナ南部(AP)

国連安全保障理事会は11日、ウクライナ南部にある欧州最大のザポロジエ原発への攻撃について協議する公開会合を開いた。国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長がオンラインで参加し、攻撃によって送電網の一部が被害を受け、原子炉1基が稼働を停止したと明らかにした。

専門家の初期評価では「攻撃は原発の安全性をただちに脅かすものではなかった」とした一方、状況は急変する可能性があると警告した。ロシアとウクライナに対し、IAEAの専門家による現地調査を早急に許可するよう求めた。

グロッシ氏によると、5日の砲撃で敷地内の数カ所で爆発が起きた。配電盤近くの爆発で一部の変圧器が機能を失い、原子炉1基は今も停止したままだという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細