「救急隊がコンビニ使います」 埼玉・東部消防、休息時間確保

埼玉東部消防組合消防局は、救急隊の水分補給やトイレ使用のためにコンビニエンスストアを使う(同局提供)
埼玉東部消防組合消防局は、救急隊の水分補給やトイレ使用のためにコンビニエンスストアを使う(同局提供)

埼玉県久喜市、加須市など4市2町を管轄エリアとする埼玉東部消防組合消防局は13日、コンビニエンスストア各社と連携し、救急隊が県内のコンビニに立ち寄り、水分補給やトイレ使用などができる体制の運用を始める。新型コロナウイルス感染者や熱中症患者が急増して出動が増える中、消防署に戻って休息を取る時間が減っているため。同局は「住民の安心・安全のため隊員の良好な状態を維持したい」としている。

同局によると救急隊はこれまで、救急車がコンビニに駐まっていると「弁当の買い出しに来ているのではないか」など私用で使われていると思われかねないことから、コンビニの利用を控えていた。休憩は基本的には消防署に戻った後となっていた。

しかし、7月に入り新型コロナ患者や熱中症患者の急増で出動が大きく増加。通常時の出動件数は1日約60件だったが、最近は100件を超える日が相次いでいるという。このため消防署に長時間戻れないケースが目立つようになった。

通常18台の救急車を運用しているが、特に7月20日は要請が相次いだため、午前10時過ぎに出動したある救急車は午後10時前に最終的に戻るまでの間、消防署での休憩時間がわずか計約40分にとどまった。「ずっと昼食や休憩がとれなかった」(同局担当者)という。

こうした事情を踏まえ、同局は救急隊が患者を病院に搬送した後、消防署に戻る途中にコンビニに立ち寄ることができる体制を整えることにした。セブン-イレブン・ジャパンとローソン、ファミリーマート、ミニストップの4社が協力要請に快諾した。

コンビニ利用の際は、救急車に「水分補給中」などと記した表示を掲げる。新型コロナ患者らを搬送した場合は、十分な消毒を行ってから使うとしている。

同局の20代の女性隊員は「今年に入り出動が増え、飲み物がないまま消防署に戻ることも多くなった。コンビニが使えるのはありがたい」と話した。

救急隊の休息をめぐっては、さいたま市消防局がツイッターで「救急隊に食事の時間を!」と呼びかけてコンビニなどの利用に理解を求め、「ゆっくり休んで」などと大きな反響があった。こうした動きは今後広がりそうだ。

会員限定記事会員サービス詳細