台風8号が発生、東日本へ 大雨、交通の影響に注意

気象庁
気象庁

台風8号が12日、日本の南の海上で熱帯低気圧から変わって発生し、北寄りに進んだ。13日には東日本に接近する見通し。太平洋側を中心に警報級の大雨となる恐れがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒を呼びかけた。お盆の時期と重なり、交通への影響にも注意が必要となりそうだ。

気象庁によると、13日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は関東甲信18メートル(25メートル)、東海17メートル(25メートル)。波の高さは関東、東海でいずれも5メートルと見込まれる。

13日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で東海150ミリ、関東甲信80ミリ。その後の24時間では東海200~300ミリ、関東甲信100~150ミリ。

気象庁によると、台風8号は12日午前6時現在、日本の南をゆっくりとした速度で北へ進んだ。中心気圧は1004ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の南東側330キロ以内と北西側220キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

会員限定記事会員サービス詳細