鈴木が映画ロケ地で活躍、先制打で勝利に貢献

レッズ戦の1回、ホーナーの適時打で生還し、ベンチで迎えられるカブス・鈴木選手=ダイアーズビル(共同)
レッズ戦の1回、ホーナーの適時打で生還し、ベンチで迎えられるカブス・鈴木選手=ダイアーズビル(共同)

米大リーグで鈴木のカブスとレッズの一戦は11日、映画「フィールド・オブ・ドリームス」のロケ地となったアイオワ州ダイアーズビルで行われ、「4番・右翼」でフル出場した鈴木は一回に先制の適時二塁打を放つなど4―2の勝利に貢献した。3打数1安打1打点、1得点だった。

1910~20年代の復刻ユニホームを着用した両チームの選手は外野のトウモロコシ畑からグラウンドに入場し、89年に公開された映画のワンシーンを再現した。鈴木はズボンの裾を上げてストッキングを見せる「オールドスタイル」で臨み、軽快にプレーした。

ダイアーズビルでの公式戦は昨年に続いて2度目で、鈴木は日本選手で初出場。観客は7823人で入場券は完売と盛況だった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細